夫婦岩の大注連縄掛祭

最新の情報は店舗HPまたはSNSをご確認ください

海岸から約150mの海中に屹立する桜井二見ヶ浦の夫婦岩は、伊勢の二見浦の朝日に対し、夕日の美しさで知られ、特に夏至の頃にふたつの岩の間に沈む景観は格別です。
古くから神聖の処と崇敬され毎年4月下旬から5月上旬の大潮の日には、60余人の氏子たちにより、長さ30m、重さ1tの大注連縄(おおしめなわ)が掛け換えられます。
この夫婦岩は櫻井神社の宇良宮(裏宮)のご神体で、向かって右側が男岩(高さ11.8m)左側が女岩(高さ11.2m)といわれ夫婦を象徴しています。古くは竜宮の入口として親しまれ、海中の白い鳥居は「櫻井型神明造両袖構」と称する独特の型をしています。

基本情報

名称
夫婦岩の大注連縄掛祭
よみがな
めおといわのおおしめなわがけまつり
所在地
桜井二見ヶ浦(福岡県糸島市志摩桜井) Google Map
電話
092-327-0317(櫻井神社)
営業時間
毎年4月下旬から5月上旬の大潮の日 14時頃から
駐車場
あり
ホームページ
http://sakuraijinja.com/
公共交通
JR九大学研都市駅より昭和バス西浦線にて二見ヶ浦バス停下車