高祖夜神楽(秋)

福岡県指定無形民俗文化財

最新の情報は店舗HPまたはSNSをご確認ください

髙祖神社へ奉納される高祖神楽。
毎年10月の第4土曜日に篝火の中、夜神楽が奉納されます。

戦国動乱の時代、応仁元年に髙祖城主であった原田筑前守種親が、盟主である周防の国山口城主の大内政弘の要請を受けて京都守護の大任に当たった際、習得した「京の能神楽」を郷土に伝えたものとされ、500年以上の長い歴史と伝統を誇ります。

基本情報

名称
高祖夜神楽(秋)
よみがな
たかすよかぐら
所在地
髙祖神社神楽殿(糸島市高祖1240) Google Map
電話
092-322-2098(糸島市観光協会)
090-8661-9354(高祖神楽後援会 会長 内田氏)
営業時間
10月第4週目の土曜日
駐車場
会場駐車場には限りがございます。係員の誘導にしたがってください。
ホームページ
http://www.kiku.com/takasu_shrine/
公共交通
周船寺駅(JR筑肥線)からバス(川原線)乗車、「高祖」バス停下車、徒歩約12分

[車でお越しの際]
(福岡方面から)西九州自動車道今宿インターを下りて約20分