鎮懐石八幡宮/万葉歌碑

九州最古の万葉歌碑が残る桜の名所

最新の情報は店舗HPまたはSNSをご確認ください

二丈地区随一の桜の名所として知られ、神功皇后にまつわる伝説の「鎮懐石(ちんかいせき)」をまつった神社です。その話に感銘を受けて山上憶良が詠んだ歌が万葉集にも記載されており、江戸時代にこの歌を記念して八幡宮の境内に建てられた歌碑が今も残っています。
九州では最も古い万葉歌碑であることから、市の文化財に指定されています。

基本情報

名称
鎮懐石八幡宮/万葉歌碑
よみがな
ちんかいせきはちまんぐう/まんようかひ
所在地
福岡県糸島市二丈深江2143-1 Google Map
電話
092-325-0309
駐車場
あり
ホームページ
https://www.chinkaiseki.com/
公共交通
JR筑肥線深江駅より徒歩15分。二丈浜玉道路深江ランプそば。