糸島の紫陽花スポット 6月~7月上旬 

梅雨の時期に彩を添えてくれる紫陽花

1、白糸の滝 6月中旬から7月上旬ごろ

福岡県指定の名勝である「白糸の滝」は、羽金山の中腹標高530mに位置にあります。
文字通り岩肌を白い糸のように流れるやさしい雰囲気の滝(落差約24m)は、夏の涼スポットとしても高い人気を誇っています。

例年6月中旬から7月上旬ごろまで約5,000株10万本のアジサイが咲き誇ります。白糸の滝は、標高が高いため、開花時期がやや遅めになります。これらの紫陽花は、 約150人の有志からなる「白糸あじさいの会」 が管理しています。ぜひ、色鮮やかな紫陽花をお楽しみください。

また、6月30日(日)11:00頃から『白糸あじさい祭り』が開催されます。
当日は、餅まき、あじさいの切り花プレゼントがあります。なくなり次第終了になりますので、お早めにお越しください。

白糸の滝詳細はこちらから

2、ヲベタ清正公堂 6月ごろ

糸島市泊にある加藤清正公を祀る「ヲベタ清正公堂」。
御堂を管理しているのは、福岡市中央区唐人町の妙法寺で「あじさい寺として楽しんでもらいたい」と、植栽と手入れを行っています。例年6月頃に、石段の両脇に植えられた紫陽花が見頃を迎えます。

※駐車場、駐輪場はありません
※ご来場には公共交通機関をご利用ください。また、路上駐車はご遠慮ください

ヲベタ清正公堂詳細はこちらから

【2024年6月3日現在の開花状況】
ヲベタ清正公堂 かなり咲き始めました。

白糸の滝 もうしばらくかかりそうです。

基本情報

開催日時
糸島の紫陽花スポット情報 ~2024年7月10日ごろ