雷山千如寺大悲王院の紅葉

糸島の秋を彩る県下有数の巨木

最新の情報は店舗HPまたはSNSをご確認ください

天平14年(742年)に開山されたと伝承される千如寺。大悲王院は宝暦2年(1752年)に黒田継高公が建立した建物です。中には鎌倉時代作の国指定重要文化財「木造千手千眼観音立像」と「木造清賀上人座像」が安置されています。
境内には福岡県の天然記念物にも指定される樹齢約400年の大カエデがあり、11月の紅葉時期には真っ赤に色づいてたくさんの参拝者が訪れます。
この楓、紅葉の時期が人気となっていますが、新緑の頃も大変美しく、四季を通じて様々な様子を楽しむことができます。
また、大悲王院から少し登ったところに雷神社があります。ここには県指定天然記念物である樹齢900年のイチョウ、250年のモミの木、400年以上のイロハカエデ、1000年を超す県指定天然記念物の観音杉があり、11月上旬には紅葉も見ごろを迎えます。

基本情報

名称
雷山千如寺大悲王院の紅葉
よみがな
らいざんせんにょじだいひおういんのこうよう
所在地
福岡県糸島市雷山626 Google Map
電話
092-323-3547(千如寺大悲王院)
営業時間
9:00~17:00
駐車場
150台 (紅葉シーズンは混雑が予想されます。時間に余裕をもってお出かけください。)
ホームページ
https://sennyoji.or.jp/
公共交通
JR筑肥線「筑前前原駅(南口)」から雷山線「雷山観音前バス停」下車、徒歩7分
※バスの本数が少ないので事前にご確認ください。